友達を作らない理由

風俗店で働く女性のほとんどは、家族や周りの知人、彼氏などには内緒で働いているはずです。
風俗のお仕事というのは究極の接客業とまでいわれていますので、働くたびに愚痴やストレスは溜まりやすくなります。
一般のお仕事であれば同僚や友達を飲みにでも誘って、愚痴を聞いてもらったり一緒にカラオケでも行ってストレスの発散は十分にできます。
ですが、風俗嬢は仕事の愚痴などを友達や家族、彼氏に言うことができないのです。
とはいえ、早く目標金額を達成して風俗業界から卒業をしたいと考えている人などは、お店のスタッフや風俗嬢とは一線を置きたいと考えているものです。

そこで、風俗嬢が同じお店の風俗嬢と友達になるメリットやデメリットというものにはどういったものがあるのか気になるところだと思われます。
実のところ、風俗店で働く女性は同じお店に友達を作らない人が多いのです。
もちろん全員ではありませんが、在籍女性の半分以上は友達を作ろうとしない女性だといようにいいます。
そういった女性達というのは、「とても淡々と仕事をする」、「必要以上の会話を一切しない」、といった特徴があるのです。
たとえば、集団待機のお店の場合だと、待機スペースに女性が入っていっても挨拶1つしないといった感じの女性になります。
待機中というのはそれぞれテレビを見たり、漫画を読んだり、仮眠を取ってたりなど、自由な時間でもありますので、実際のところは何の問題もありません。
それと、送迎中の車内で一緒になったりする女性同士はそれが接点になり友達になっていくこともありますが、やはりそうならない女性も多くいるのです。

では、こういったように同じお店で友達を作らない主な理由というものには、一体どういったことがあるのでしょうか。
まず一番に挙げられてくるのが、そもそも「興味がない」ということが挙げられてます。
根本は仕事をしに来ているということが念頭にあり、友達を作りに来ているわけではないといった感じで、友達を作ること自体に興味が全くないといった感じになってきます。
次に、「風俗嬢を見下している」ということもあります。
これも上記と少し似ているかもしれませんが、風俗嬢と友達になっても自分には得がないといったように考えている女性だと思われます。
この先も続く仲ではないとクールな考え方をしているのでしょう。
それと、「バレに繋がるかもしれない」という考えもあるのです。
友達の友達の可能性が万が一にもあるから、無駄に仲良くなって遊んだりした時などでバレてしまうのでは、といった考えからになるのです。

最後に、「単純に仕事が忙しい」ということもあります。
繁盛店などに勤めた場合などは待機している時間が極端に少なくなってしまいます。
単純に他の女性と接する機会がないということになってくるのでしょう。



〈注目情報〉
風俗嬢を募集している梅田の求人サイトです。高収入・高待遇を約束しています ⇒ ⇒ 梅田 風俗嬢 求人